Blog

自転車ハートフルストーリー、日本の未来

先日、自転車に乗っていると、

前方を若いお母さんと5歳くらいの男の子が歩いていました。

同じ進行方向で、私は自転車だったのですが、歩道が狭く、少し端に寄ってもらいたい所でした。

自転車のベルを鳴らすのも気が引けるため、お母さん気付いてくれないかな。

と思っていたところ、

「自転車だよ。」

と、声をかけ端に誘導してくれました。

お母さんを。

お母さんがお子さんを誘導したのではなく、男の子がお母さんを端っこに誘導してくれたのです。

なんとできたお子さんだ。

と感心しつつ、私はその親子の右側を通り過ぎました。

日本の将来も安心ですね。

関連記事






* * * *

新着Blog

遺品整理から生前整理までお任せ!

神戸市・兵庫県で遺品整理をはじめ終活・生前整理のお手伝いも致します。様々な理由でご不用になった不用品処分から回収までお気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る